測域センサの実例をご紹介


センサイメージ

用途

障害物検知、存在検知など

Webお問合せ窓口

株式会社特電<営業企画推進課>
静岡県沼津市双葉町9-11-5
TEL:055-929-2122(代)
FAX:055-929-6220

 WEBから問い合わせ

 特電ホームへ

製品メーカーリンク

北陽電機株式会社


 小さくて高機能


 測域センサの主な特徴



①前方障害物検知:進行方向の障害物を検知し接触などを未然に防ぐのに最適

前方障害検知イメージ 自動搬送台車の前方障害物認識

進行経路にある障害物を未然に確認することにより、迅速回避行動が可能に。

▼参考形式
●PBS-03JN・UBG-05LN
●UXM-30LN-PW

▼その他にも
●電動車いすの前方障害物検出
●段違いクレーンの接近警報

②方向判別:移動体の進入速度・方向などを認識することが可能

列車の通過確認

停止・通過の判別が可能なため、列車などの状況把握に役立ちます。

▼参考形式
●UXM-30LX-EW

▼その他にも
●行動追跡によるマーケティング調査
●建物への入退室管理

③存在検知:広範囲を1台でカバー。照明や周囲の明るさの影響もありません。

自動倉庫内の荷崩れ検知

長距離30m視野角190度のスキャン動作で、広範囲にある物体を1台で検知可能。荷崩れやはみ出しなどの検知に最適。

▼参考形式
●UXM-30LN-PW

▼その他にも
●クレーンの吊り荷検出
●石炭パイル検出

④大きさ・形状認識:特徴を活かし迅速な仕分け・才数計測作業等に貢献

形状判定

移動体を高速スキャンし、サイズ違いなどの判定を行うことが可能。

▼参考形式
●UBG-04LX-F01

▼その他にも
●検出物体の才数計測
●帯状ワークの蛇行・幅測定

 製品情報ページへ(特電>取扱製品>その他センサ>即域センサ)
 メーカ情報:北陽電機株式会社

ページのトップへ

×ウィンドウを閉じる