「くっつける」なら、スキャニング


製品外観

品名

ガルバノスキャニング式レーザ溶着機

形式/シリーズ

VL-W1

メーカー

パナソニック株式会社

Webお問合せ窓口

〔弊社取扱商品です〕
株式会社特電<営業企画課>
静岡県沼津市双葉町9-11-5
TEL:055-929-2122(代)FAX:055-929-6220

 WEBから問い合わせ

 特電ホームへ


 これまでの問題点を解決


樹脂接合における2大工法の問題点
  • 接着剤
    • 硬化時間が長い
    • 接着剤の管理が面倒
    • 気密性が得にくい
  • 超音波溶着
    • 振動による内部部品へのダメージ
    • 粉塵/バリが出やすい
    • 品種ごとに型(ホーン)が必要


レーザ溶着で解決
  • 硬化時間不要、サイクルタイム短縮
  • リサイクルしやすい
  • 狭い接合幅でも溶着が可能
  • 振動による内部部品へのダメージが無い
  • 粉塵/バリが出にくい
  • 型(ホーン)が不要
↓ところが、「レーザ化」だけでは解決できない問題が…
一般的な定点照射タイプのレーザ溶着の問題点

 VL-W1シリーズで問題解決

一般的なレーザ溶着装置は、レーザ光源、光学ヘッド、レーザ出射部を動かすためのロボットやXYステージ、 それらの制御用コントローラ…など装置設計に専門知識が求められました。 VL-W1シリーズは、これらすべてをオールインワン化し、導入工数の削減が可能となりました。 「レーザ溶着は知っているが、導入までの手間がかかりそう…」そんなイメージを払拭します。

車載センサ:カバーの溶着 ECU:カバーの溶着 表示器:防水パネルの溶着
車載センサ:カバーの溶着 ECU:カバーの溶着 表示器:防水パネルの溶着

 ガルバノスキャニング式の採用

 装置の小型化・簡素化を実現

ガルバノスキャニング方式を採用することで、 レーザヘッドは内蔵のガルバノミラーでレーザ光を走査するため、 ヘッド 自体を動かす必要がありません 。スカラロボットやXYステージが不要となり、 システム設計の工数削減とコンパクトな 装置構成に貢献します。


ガルバノスキャニング式のシステム構成


 ファイバレーザ搭載

 高品質の溶着が可能

パナソニックデバイスSUNX社独自の高性能ファイバレーザを搭載。高品質な樹脂溶着を実現します。


 高性能パワーモニタ内蔵

 品質に対する安心機能

溶着中のレーザ光を高速かつ高精度にモニタリングすることで、溶着した製品ごとのレーザ出力推移を記録・管理するのに役立ちます。 さらにレーザ出力監視により、万一レーザの異常出力が発生したときには、瞬時に装置を停止させることも可能です。

 専用ソフト内蔵

 3stepで初めての人でも簡単操作

現場ですぐに使える、タッチパネル式のカラーLCD搭載コンソール(別売)で操作できます。 直感的で分かりやすい画面構成。初めて操作する方でも簡単に設定できます。


 step1:作図

専用画面で簡単に作図ができます。図形パターンは、「直線」「円」「円弧」「四角形」が選択できます。 4つのパターンを組み合わせることも可能です。

ステップ1:画面イメージ
 step2:位置合わせ

赤色ガイド光にて、レーザ照射位置を確認できます。位置合わせに便利な機能です。

位置合わせイメージ
 step3:条件設定

基本条件は、「レーザパワー」「スキャンスピード」「繰り返し回数」の3つ。それ以外にも、より細かい微調節機能があります。

ステップ3:画面イメージ

 様々な便利機能を搭載

設備設計、現場調整、メンテナンス作業など、あらゆるシーンで役に立つ便利な機能を備えています。


ご紹介製品の詳細仕様等については、メーカーサイトにてご確認ください。

掲載されている会社名・製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

ページのトップへ

×ウィンドウを閉じる